新規事業への取り組みは、目線のずらし方から始めよ?

こんにちは
やまたかです。

これまで、「新規事業」や「新規ビジネス」、「新規サービス」を立ち上げる機会が多かったのですが、毎度毎度新たな発想が生まれてくるということはほとんどなく、いつ頃からか自分なりの『型』にしたがった新規事業/ビジネス/サービスの立上げに取り組んできました。

特別なことをやるわけではなく、極めてポピュラーであったり使い古されたフレームワークなどを活用してきたのですが、先日住宅メーカーのマーケティング担当をしている友人にこのフレームワークの話をしたことろ、早速自社のサービス開発に活用出来たとのことでしたので、今日は新規事業や既存事業における新たな取り組みで使えるフレームワークを、住宅メーカーでの具体例を交えながら簡単に案内したいなと思います。

フレームワーク「アンゾフの成長マトリクス」

今回紹介するフレームワークは、「アンゾフの成長マトリクス」として知られているフレームワークです。元のフレームワークを新規事業を考える上でわかりやすいように少しだけ変えて表現しています。

「アンゾフの成長マトリックス」とは、経営戦略を検討する際に使用されることの多いフレームワークで、経営戦略の父と呼ばれるイゴール・アンゾフ氏が1957年にはじめて提唱したものです。事業の成長・拡大を図る際に用いられるマトリクスとして知られています。

アンゾフ氏による大元の論文も載せておきます。
Lectura_10._Ansoff_Igor_Strategies_for_Diversification

このモデルでは、事業の成長を「製品」と「市場」の2軸におき、その2軸をさらに「既存」と「新規」に分けて4象限で企業の成長戦略を表現しています。

既存事業既存製品×既存市場
新規事業① 市場開拓既存製品×新規市場
新規事業② 製品開発新規製品×既存市場
新規事業③ 多角化新規製品×新規市場

これだけだと具体的にこれをどう活用するのかがわかりにくいので、住宅メーカーでの使用例を見ていきましょう。

住宅メーカーでの使用例

まずはフレームワークに当てはめる形で、自分(自社)の現在のビジネスにおける『市場』と『製品』を定義するところから始めます。

上記の住宅メーカーの友人の場合だと、

  • 市場:関東郊外に居住を希望する、ファミリー世帯
  • 製品:手ごろな値段で駅近の一戸建て

という感じですね。
そして、ここで定義した既存市場と既存製品で創られるものを「既存事業」とし、これ以外のものを「新規○○」として定義してスコープを絞っていきます。

新規事業①~③についてそれぞれ、例を用いて説明すると

<新規事業① 市場開拓>

既存製品を新規市場に展開する。手ごろな値段がウリの郊外型一戸建てビジネスを、中部圏や関西圏などに展開していくこと。製品の強みをそのまま横展開できるので、既存市場と新規市場に一定の類似性が有れば成功確度を上げて展開できる。

<新規事業② 製品開発>

既存の市場に対し、新たな製品を展開する。既に住宅を購入してもらった顧客に対して、リフォームや工事など住宅以外の商品を提供することで既存顧客からの売上の最大化を図っていくもの。既に知見のある市場に対するビジネスである為、新規製品に対するニーズが一定あれば成功確度を上げて展開できる

<新規事業③ 多角化>

市場と製品のいずれもが新たなもので構成されるビジネス。一般的には新規事業①~③の中で最も難易度が高い。ただし、新規とはいえ完全な専門外分野というよりは、既存事業の成長過程で掴んた市場ニーズや製品コンセプト基に立ち上がるケースが多い

例えば、ファミリー世帯への戸建ての提供によって、お母さんの家事負担が大きいことに苦労しているという課題を掴むことで
市場:小学生以下の子供を持つ母親
製品:家事代行サービス
を新規事業として展開をしていくことなどが考えられる。

このように、「新規○○」といっても対象市場や製品を明確化することでどのようなタイプの新規〇〇なのかがわかり、その内容に応じて取るべき戦略も変わってきます。

成功確率が高いのは「市場開拓」と「製品開発」

新規事業①~③の中で成功確率が高いのは、「新規事業① 市場開拓」「新規事業② 製品開発」です。

新規事業と聞くと、「新しいことをやらなければ」と肩ひじを張って頭を悩ませてしまいがちです。ですが新規事業のヒントは、すでに自社でやっている取り組みや自社の資産の中に眠っていることが多くあります。

そのため新規事業を考える際には以下の2つからまずは取り組むことを推奨します。

  • 既存製品を活かした市場開拓
  • 既存市場(既存顧客)を活かした製品開発

また、こういった新しい取り組みを行うときに必要となる材料が自社のデータです。データを見て現状把握を行った上で、更に攻めの一手を見出すためのデータ活用を行うことが重要になってきます。

ぜひ自社ビジネスを考える上での参考にしてみてください。

 

マーケターの方向けの、マーケティングにAI活用が進まない3つの理由とその解決策についてまとめた資料を無料で配布しています。

お気軽にダウンロードしてみてください。

>無料でDLする<

 

 

ABOUT US

大学卒業後から現在に至るまで、3社のベンチャー/スタートアップにて事業の立上げから成長フェーズまでの一通りを経験。企業の成長ドライバーに必須であるAIが、少しでも普及して根付く為に奮闘中。愛犬チワワの名前は「たたみ」